『動労神奈川』第34号を発行しました

 

JRとJR関連会社で働く仲間のみなさん、毎日の仕事ご苦労さまです。
「時廣書記長の解雇を撤回し、契約社員として職場に戻せ」と闘っている労働委員会闘争は、証人尋問の山場を迎えています。4月4日、中村委
員長と時廣書記長のJRとアクセスを圧倒する証言をかちとりました。次回は8月1日です。桑原副委員長と環境アクセス飯田小田原事業所所長の証人尋問です。(予定されていた5月16日の証人尋問が公益委員と労働者委員の交代で延期となりました)
多くの仲間の結集をお願いします。

 

労働委員会に集まろう!
△8月1日(水)午後1 時30 分から
 証人:桑原動労神奈川副委員長
    飯田修環境アクセス小田原事業所所長
<神奈川県労働委員会>
横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ6階

 

ひとりの仲間の首切りも許さない!
  -桑原副委員長(労働委員会陳述書から)-

時廣書記長の「解雇を撤回し、契約社員として職場に戻す」ために、私は2017年3月と2017年9月の2回、ストライキで闘いました。これからも何度でもストライキで闘います。時廣書記長と
団結して闘います。
自分が解雇攻撃を受けたとき、組合の仲間、青年をはじめ多くの仲間の支援で解雇をはね返すことができました。闘う労働組合の力と闘う多くの仲間との団結の力を感じた。この力で絶対に時廣書記長を職
場に戻します。
私のいる環境アクセスは、列車や駅の清掃を行っています。列車の運行は、運転士と車掌だけで行っているわけではありません。ホームにいる輸送係、改札の仲間、保線や検査修繕の仲間などなど、そして清掃
の仲間の共同の作業があって初めて、列車が安全に運行し乗客が快適に移動することができます。会社は違っていても列車の安全な運行に必要ないものはひとつもありません。
すべて共同作業です。2016年秋に私が数人で回送列車での清掃中に、この回送列車が清掃労働者を乗せたまま走行し始める事故がありました。
JRは、「グループ経営」と言って、列車の運行に必要な作業を分社化しそこに働く労働者を非正規化しています。本来、JRが行うべき作業を分社化しバラバラにしています。しかしすべてJRの指示で動いています。
このようにすべてJRが支配しています。時廣書記長に対する低賃金や解雇もJRの支配・指示のもとで環境アクセスが行ったのです。JRと環境アクセスが行った不当労働行為を弾劾し、時廣書記長の解雇を撤回させ、契約社員として職場に戻します。団結して闘います。

【PDFファイルはこちら】動労神奈川34号

 

 

労働委員会延期のお知らせ

5月16日に行われる予定であった労働委員会証人尋問は延期になしました。

公益委員と労働側委員の2人が交代となりったためです。次回期日については、これから調整して決まります。決定次第、直ちにお知らせします。

時廣書記長解雇撤回・非正規職撤廃の労働委員会闘争の勝利に向かって団結して闘いましょう。次回労働委員会への大結集をお願いします。

2018年5月9日

国鉄神奈川動力車労働組合

執行委員長 中村幸夫

2018年5・1新宿メーデーに参加しました

「9条改憲発議・戦争絶対反対! 『働き方改革』関連法案をぶっとばそう! 安倍政権を倒そう!」を掲げた新宿メーデーが5月1日、東京・四谷区民ホールでかちとられ、250人が参加しました。動労神奈川も、神奈川の仲間と共に結集しました。集会では動労総連合の一員として中村委員長が、青年労働者と共に闘う決意を述べました。集会と新宿駅南口のJR東日本本社を直撃するデモを打ち抜きました。

来年は、改憲と一体で天皇即位に名を借りたメーデー圧殺との闘いとなります。その決戦突入を労働者の側から宣言したことは重要です。

改憲と一体の労働組合解体攻撃を許さず、JR・JR関連企業の労働者は動労神奈川に結集しよう。

 

デモ出発前に神奈川労組交流センター・二本柳共同代表と記念撮影。

JR東日本本社に向けてデモ行進!街頭かもら多くの反応がありました。

『動労神奈川』第33号を発行しました

4/4 時廣書記長解雇撤回 労働委員会闘争報告

「青年の悔しさを背負って闘い、勝利する」
-時廣書記長、JR・環境アクセスを弾劾! 

4月4日、時廣書記長解雇撤回・非正規職撤廃の労働委員会闘争は、20人をこえる仲間の結集で、中村委員長、時廣書記長の証人尋問をかちとりました。
二人は、JRと東日本環境アクセスが行った不当労働行為を徹底弾劾。怒りと労働者の誇りを持った証言はJRとアクセスを終始圧倒しました。
主要な争点は3つでした。

①環境アクセスは、組合員であるが故に、時廣書記長の「退職意志の撤回」文書を認めず、職場から排除したこと。

②環境アクセスは、時廣書記長を組合員であるが故に、パート社員から契約社員への転換をしなかったこと。

③以上は、JRと環境アクセスが行った不当労働行為であること。

2人の証言は、以上の点を鮮明に明らかにし、JRと環境アクセスに打撃を与えました。
次回は、5月16日です。桑原副委員長と飯田修環境アクセス小田原事業所所長です。さらに、JRとアクセスを追いつめ徹底弾劾し、時廣書記長解雇撤回を勝ち取りましょう。働く仲間の皆さん。是非、労働委員会に集まってください。ともに闘い勝利しましょう。

労働委員会に集まろう!
△ 5 月16 日(水)午後1 時30 分から
 証人:桑原動労神奈川副委員長
    飯田修環境アクセス小田原事業所所長
<神奈川県労働委員会>
横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ6階

【PDFファイルはこちら】動労神奈川33号

 

朝鮮戦争とめよう3・25大行進

今日は、午前中、品川駅前での「自民党大会直撃行動」、午後には、日比谷野外音楽堂での「9条改憲発議絶対反対!朝鮮戦争とめよう3・25大行進に参加しました。

青年労働者のリレーアピールでは時廣書記長が動労神奈川としてアピールしました。

改憲・戦争と非正規職化は、労働者の団結を破壊する一つの攻撃です。人間らしく生きるためには、たたかう労働組合が必要です。青年労働者の仲間は、とりわけJRの青年労働者の仲間は、全世界の労働者と団結し、戦争も非正規職もない社会を一緒につくろう。

JRの青年労働者は動労神奈川に結集しよう!

自民党大会直撃行動では、青年の仲間が「安倍を監獄へ」と力強いコール
時廣書記長が職場での闘いを報告し、解雇撤回への決意を表明しました。
動労千葉や港合同の仲間がデモの先頭に

時廣書記長の解雇撤回!労働委員会に集まろう!

▽4 月4 日(水)午後1 時30 分から
証人:中村動労神奈川委員長、時廣動労神奈川書記長
▽ 5 月16 日(水)午後1 時30 分から
証人:桑原動労神奈川副委員長、飯田修環境アクセス小田原事業所所長
<神奈川県労働委員会>横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ6階

『動労神奈川ニュース』第2号を発行

休憩所に監視カメラ?!
会社はどんな職場にしようとしているのか

【PDFファイルはこちら】『動労神奈川ニュース』第2号

JR東日本は全社的に乗務員詰所やホームの休憩所などへ、監視カメラ設置を進めています。それも音声まで録音できるものと言われています。すでに中野、大崎、大田の詰所には設置され、上野では1つの部屋に5台ものカメラを付けて360度監視される状況です。千葉でも東方詰所や木更津本部詰所など、「管理者がいない場所には設置する」方針で進められています。

…中略…

ここには会社が東労組を解体して、どんな職場を作ろうとしているのかが示されています。どんなひどい状況でも一言だって声を上げさせない。そうして、あらゆる業務の分社化と転籍強制、乗務手当廃止といった攻撃を現実のものにしようとしているのです。この攻撃を止めるため、職場に必要なのは仲間の団結の力にかけて闘う労働組合です。

すべての仲間は今こそ動労神奈川に結集しよう!

東日本環境アクセスは時廣書記長の解雇を撤回しろ!

労働委員会に集まろう
4 月4 日(水)午後1 時30 分から
証人:中村動労神奈川委員長、時廣動労神奈川書記長
△ 5 月16 日(水)午後1 時30 分から
証人:桑原動労神奈川副委員長、飯田修環境アクセス小田原事業所所長
<神奈川県労働委員会>横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ6階

『動労神奈川ニュース』第1号を発行

労使共同宣言の破棄は何を意味するのか
今こそ職場に闘う労働組合を!
青年労働者は動労神奈川に結集しよう!

【PDFファイルはこちら】『動労神奈川ニュース』第1号 

 JR東日本は、東労組との労組共同宣言を破棄を宣言し、東労組解体に乗り出しました。東労組は会社の切り崩しになすすべもなく、脱退者を続出させている状況です。横浜地本でも約1100名が脱退したと言われています。

同時に、会社は保線部門の丸ごと外注化や駅外注化に向けた制度設計も進めています。駅、さらに車掌や乗務員を分社化し、それぞれに転籍させることが会社の狙いです。

今こそ闘う労働組合が職場に必要です。動労神奈川に結集し、ともにたたかおう!

【写真】2月12日、桑原副委員長の雇い止め阻止!時廣書記長の解雇撤回を求めて、50名を超える仲間とともに東日本環境アクセス小田原事業所に対して抗議行動を行った。

 

 

『動労神奈川』第32号を発行しました

JRと東日本環境アクセスは
希望者全員を無期転換にしろ!
ひとりの雇い止めも許さないぞ!

無期契約転換をかちとった!団結の勝利! 桑原副委員長

労働委員会に集まろう!
△ 4 月4 日(水)午後1 時30 分から
証人:中村動労神奈川委員長
時廣動労神奈川書記長
△ 5 月16 日(水)午後1 時30 分から
証人:桑原動労神奈川副委員長
飯田修環境アクセス小田原事業所所長
<神奈川県労働委員会>
横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ6階

【PDFファイルはこちら】動労神奈川32号

 

安倍を監獄へ!3・18横須賀デモ

3月18日、横須賀市で開催された「改憲・戦争反対の声を横須賀から!3・18集会」に動労神奈川も参加し、横須賀の教職員や県内の仲間とともに『安倍を監獄へ!』と訴えました。中村委員長も賛同人に名を連ねている行動です。

安倍への怒りが国会前やあらゆるところで沸騰しています。「安倍を監獄へ!」と大書した安倍人形を掲げたデモでは、沿道から手を振る人や拍手する人が多数いました。韓国の「ろうそく革命」のように労働組合こそが、この腐った政権を倒すために、先頭に立とうという思いを固めました。デモ行進終了後、桑原副委員長の音頭で「団結がんばろー」も行いました。次は、3月25日の自民党大会直撃行動です(3月25日、9時、品川駅高輪口)

希望者全員を無期転換に!

2・12小田原行動

労働者の力で非正規職撤廃!

18春闘交流会が56名の参加で成功!

動労神奈川は全国の56名の仲間とともに、小田原駅前での街頭宣伝と小田原市民会館での交流集会を闘いとりました。動労千葉や動労総連合青年部、東京や関西の青年労働者をはじめ県内から青年を先頭に教労や自治労、全逓、合同労組、婦人民主クラブの女性たちなど多くの仲間の参加で勝ち取ることができました。